12歳小野寺が最年少日本一 スケボー、女子は伊藤初V

男子ストリート決勝 史上最年少優勝を果たした小野寺吟雲の演技=村上市スケートパーク
男子ストリート決勝 史上最年少優勝を果たした小野寺吟雲の演技=村上市スケートパーク
2022年11月26日
共同通信共同通信

 スケートボードのマイナビ日本選手権第3日は26日、新潟県の村上市スケートパークでストリート決勝が行われ、男子は12歳で中学1年の小野寺吟雲が27.53点で史上最年少優勝を果たした。池慧野巨(ベンヌ)が26.96点で2位、山附明夢が26.59点で3位に入った。

 女子は15歳の伊藤美優が18.24点で初優勝した。織田夢海が0.01点差の2位で、東京五輪金メダルの西矢椛は18.03点で3位。五輪銅メダルの中山楓奈(ムラサキスポーツ)は7位だった。

 今大会は2024年パリ五輪に向けた強化指定選手と、来年9月の杭州アジア大会(中国)の派遣選手の選考を兼ねる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/