W杯、スイスがカメルーン下す ウルグアイと韓国はドロー

スイス―カメルーン 後半、先制ゴールを決め喜ぶスイスのエンボロ(左から2人目)=アルワクラ(共同)
スイス―カメルーン 後半、先制ゴールを決め喜ぶスイスのエンボロ(左から2人目)=アルワクラ(共同)
2022年11月25日
共同通信共同通信

 【アルワクラ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第5日は24日、ドーハ近郊のアルワクラなどで1次リーグが行われ、G組で世界ランキング15位のスイスが43位のカメルーンを1―0で下した。スイスは5大会連続12度目、カメルーンは2大会ぶり8度目の出場。

 H組は前回大会ベスト8で世界ランキング14位のウルグアイと同28位の韓国が0―0で引き分けた。

 第4日の23日は1次リーグF組で前回大会3位のベルギーがカナダに1―0で競り勝った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/