米国人記者、一時入場拒否される 性多様性示すTシャツで

2022年11月22日
共同通信共同通信

 【ドーハ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)のカタール大会で21日、米国人記者が競技場への入場を一時拒否された。性的少数者の権利を支持するため、性の多様性を示す虹色のTシャツを着ていたのが理由。記者がツイッターなどで明らかにした。

 カタールでは同性愛行為は違法。大会前にカタール側は「全ての人を受け入れる」と公言していたが、性的少数者への人権問題で開催国は批判にさらされている。

 記者が米国対ウェールズ戦を取材しようと入場口に着くと、警備員に止められ、着替えを要求された。怒った様子だったという。これについてツイッターに投稿すると、携帯電話を取り上げられた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/