アルゼンチン、逆転負け W杯、メッシ先制も後半2失点

アルゼンチン―サウジアラビア 後半、サウジアラビアに同点とされ、うつむくアルゼンチンのメッシ(10)=ルサイル(共同)
アルゼンチン―サウジアラビア 後半、サウジアラビアに同点とされ、うつむくアルゼンチンのメッシ(10)=ルサイル(共同)
2022年11月23日
共同通信共同通信

 【ルサイル共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会第3日は22日、ドーハ近郊のルサイルなどで1次リーグが行われ、優勝2度を誇るC組のアルゼンチンがサウジアラビアに1―2で敗れた。前半にPKでメッシが先制点を挙げたが、後半の2失点で逆転された。D組ではデンマークがチュニジアと0―0で引き分けた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/