メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

照ノ富士が13勝で幕尻優勝 再入幕の場所制すのは2人目

2020.8.2 19:42 共同通信
大相撲7月場所で5年ぶり2度目の優勝を果たし、審判部長を務めた師匠の伊勢ケ浜親方(左)から優勝旗を受け取る照ノ富士。幕尻力士の制覇は3人目の快挙となった=2日、東京・両国国技館

大相撲7月場所で5年ぶり2度目の優勝を果たし、審判部長を務めた師匠の伊勢ケ浜親方(左)から優勝旗を受け取る照ノ富士。幕尻力士の制覇は3人目の快挙となった=2日、東京・両国国技館

 大相撲7月場所千秋楽は2日、元大関の平幕照ノ富士が関脇御嶽海を寄り切って13勝2敗とし、2015年夏場所以来2度目の優勝を果たした。30場所ぶりの制覇は琴錦の43場所に次いで2番目に長い間隔。   ...

関連記事 一覧へ