メニュー 閉じる メニュー
PR特別企画 SPCコンシューママーケティング キッチンカーを超えた「移動レストラン」の実力

 新型コロナウイルスの影響により、飲食事業者がキッチンカーに業態転換する動きが広がっている。成功事例も耳にする一方、固定店舗とは異なる運営方法に対応できなかったり、競合が増えたことによって早々に撤退を強いられたりする事業者も少なくない。生き残っていくには一体どうすればいいのか。キッチンカーの製作・販売を手掛けるSPCコンシューママーケティング(東京都千代田区)の古家諭代表に話を聞いた。

コロナ禍で急増するキッチンカー

SPCコンシューママーケティングの古家諭代表

 キッチンカーに業態転換する飲食事業者が昨年から増えています。コロナ感染者の急増で外出を控える動きが強まり、固定店舗での集客が難しくなったことが要因です。一方キッチンカーなら、テレワークの拡大で出店需要が増えている住宅街などへ自ら出向くことができるというメリットがあります。屋外で営業するため、いわゆる「三密」の問題も回避できます。

 さらに、固定店舗と比べて圧倒的に初期費用が安く、新規参入しやすいことも業態転換を後押ししています。固定店舗だと1000万円程度かかることが普通ですが、キッチンカーなら300~500万円程度で開業できます。毎月の家賃も発生しません。平均で5~6人の従業員が必要となる固定店舗に対し、運転要員を含めて2~3人で稼働できるのもキッチンカーの魅力でしょう。

「こんなはずじゃなかった」失敗事例5選

「こんなはずじゃなかった」失敗事例5選

 しかし、決してバラ色のシナリオばかりではありません。「こんなはずじゃなかった」とわずか数カ月で撤退する事業者もいます。

 一体どこに問題があったのでしょうか。私がよく耳にする失敗事例を5つ挙げます。

 ①売上が伸びない

 よくある軽自動車タイプのキッチンカーの場合、限られた積載容量や調理スペースの都合で多くても1日50食程度の提供が限界でしょう。仮に1食700円で提供した場合、1日の売上は3万5000円にしかなりません。売れる場所を毎日必ず確保できるとは限らず、梅雨や暑い時期、寒い時期は売上が下がることを考慮すると、50食程度では利益を出すには不十分です。結局、「思っていたほど売上が伸びなかった」と早々に撤退する事業者も多いのです。

 ②メニュー変更が難しい

 キッチンカーは出店場所や季節に応じて柔軟にメニュー変更する必要があります。例えば、オフィス街でステーキ丼がヒットしたからといって、住宅街のようなファミリー層が多い場所でヒットするとは限りません。むしろ野菜が豊富なヘルシー路線のメニューの方が好まれるでしょう。

 季節に合わせたメニュー変更が必要となることもあります。暑い季節に冷やしうどんのような冷たい料理、寒い季節にクラムチャウダーといった温かい料理を提供する方が成功しやすいと言えます。

 しかし、通常のキッチンカーは特定のメニューのみに対応した機材を搭載しており、メニュー変更をしようと思うと、機材を入れ替えなければならないケースが大半です。キッチンカーを購入する際は、メニューの変更がどの程度可能かチェックすることが必要です。

「こんなはずじゃなかった」失敗事例5選

 ③初期費用が思ったよりかかった

 ブームに乗じていい加減なキッチンカー製作業者も増えてきています。広告には安い料金や短い納期を掲げておきながら、実際は追加料金が発生する上に納期も数カ月かかったという声も聞きます。契約書を作成せず、納車後に水漏れトラブルが起きても対処してくれなかったという悪徳業者もいるようです。仕上がりが雑なキッチンカーを購入してしまい、泣く泣く再改造したという話も耳にしました。キッチンカーの製作に不慣れな製作会社が手掛け、保健所の営業許可が取れる仕様や調理しやすい設計になっていなかったというのもよくある事例です。見積もりを出す前のヒアリングが丁寧かどうかなど、信頼できるキッチンカー製作業者をよく見極めることが重要です。

 ④出店場所を確保できない

 新規参入がしやすいということは競争も激しいということです。開業してみたら思っていたほど良い出店場所がなかったという声もよく聞きます。出店料が安く、人がたくさん集まる場所が理想ですが、そういった場所はすでに他のキッチンカーが進出していることがほとんどでしょう。大きなビルの敷地の場合は審査も厳しいものになります。日々の業務で精いっぱいの中、事業者単独の力で出店場所を探すのは大変なことです。

 ⑤仲介業者に任せたが……

 キッチンカーの事業者と空きスペースの所有者を仲介する業者を利用するという方法もありますが、希望通りの日数を割り当ててもらえなかったという事例もよく耳にします。こうした業者では、一つの空きスペースに一台のキッチンカーを割り当てるのではなく、「月曜日は焼きそば、火曜日はカレー、水曜日はタイ料理」などと、複数のキッチンカーでローテーションを組むことがほとんどです。利用者からするとさまざまなメニューを食べられて嬉しい限りですが、キッチンカーの事業者からすると、せっかく人気の場所を見つけてもメリットが薄れてしまうわけです。

 さらに、キッチンカーに参入する事業者が増えたことによって、仲介業者への登録も増えています。別の空きスペースの枠もたくさんのキッチンカーで埋まっていることが珍しくありません。「週2日ほど割り当てられたら良い方だ」と嘆く事業者もいるほどです。出店場所はあくまで自分で探し、補完する目的で仲介サービスを利用するのがよいでしょう。

最大500食「モビリティレストラン」なら成功できる

内装は熟練の大工が手掛けている

 これからキッチンカーの開業を考えておられる方は上記の失敗事例を見て不安に思われたかもしれません。でもご安心ください。当社ならこれらの問題を解決できます。

 まず、①の「売上が伸びない」問題ですが、当社の「サクセスキッチンカー」なら通常のキッチンカーの2倍以上となる最大500食を提供できます。最大の特徴は、主にホテルや大型レストランで使用されているスチームコンベクションオーブンを搭載していることです(特許出願中)。低温調理による仕込みが可能なため、様々な調理を1台でこなせます。営業場所や客層、季節、時間帯に合わせたメニューの提供ができるようになります。サクセスキッチンカーは言わば、キッチンカーを超えた移動できるレストラン「モビリティレストラン」なのです。

 操作が容易なのも特徴で、北海道の障害者支援施設では、障害者の皆様でも使いやすいという理由で当社のサクセスキッチンカーを導入いただきました。「ボタンひとつで調理の設定ができるから重宝している」とありがたいお言葉を頂戴しています。

 当社の製作は、キッチンカービジネスに精通した飲食店経営者がプロデュースしており、調理しやすい動線を確保していることもこだわりの一つです。内装は熟練の大工が手掛けており、電気の配線や給排水の配管なども丁寧に仕上げています。お客様とヒアリングを繰り返し、ニーズに合ったキッチンカーを完全オーダーメイドいたします。提携リース会社をご利用いただくことで、頭金0円からでもキッチンカーを製作いただけます。

最大500食「モビリティレストラン」なら成功できる

 また当社では、保健所の許可取得や保険加入のサポート、メニューに関する相談などすべてのサービスを一気通貫で請け負っています。開業後に事業者が頭を悩ませる出店場所の問題に対しても協力を惜しみません。当社はイベントの企画も手掛けており、空きスペースの所有者やイベント会場の主催者に提出する企画書の作成や、保健所の営業許可の取得に精通しています。

 さらに、キッチンカー専用の修理・カスタマイズ工場も新設しました。当社以外で製作したキッチンカーの修理も受け付けており、サクセスキッチンカーに改造することも可能です。大量調理が可能なサクセスキッチンカーを使って売上を伸ばしてもらえたら嬉しいですね。

 飲食業界は今、緊急事態宣言が再び発令されるなどさらなる窮地に追い込まれています。中には廃業を検討されている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、料理は大切な文化です。料理人の皆様が長年培ってきた味がコロナ禍で途絶えてしまうのはあまりにもったいない。できれば何とか次世代に残していってほしいと思います。当社のサクセスキッチンカーならそのお手伝いができるかもしれません。ぜひお気軽にご相談ください。

水も電気も供給「防災キッチンカー」

ソーラーパネルとサブバッテリーを搭載した「防災キッチンカー」

 当社では、地震や台風の被災地支援に活用できる「防災キッチンカー」事業もスタートしました。大量の炊き出しに対応できることに加え、屋根に設置したソーラーパネルによって電気も供給できます。また、空気から水を作り出し、川や井戸の水から飲み水を作れる災害用の浄水装置も備えています。水陸両用のバイクも搭載しており、食材が不足したら外部から調達することはもちろん、救助にも活用できます。水を使わないタンクレストイレも備えており、被災者・支援スタッフのいずれにもお役に立てると考えています。サクセスキッチンカーと異なり、主に行政機関や企業を顧客として想定していますが、災害がない平時は、地域の飲食事業者の方々に通常のキッチンカーとしてレンタルで利用いただけるとありがたいですね。

株式会社SPCコンシューママーケティング

株式会社SPCコンシューママーケティング

2012年設立。
各種広告提案から制作、運用までのワンストップクリエイティブの広告ソリューション事業、セミナー・展示会運営等に関わるすべて前準備から事後フォローまでの運営管理をワンストップで効率的なサービスの提供するイベントプロデュース事業を開始。
2019年より不動産鑑定事業を開始。不動産鑑定評価基準に則った鑑定評価書
または不動産調査報告書を作成や売買の参考、資産評価、同族間売買等、依頼目的に応じたサービスをご提供している。
2020年よりキッチンカー事業、宅地建物取引事業を開始。