出典は万葉集、国書初

5月1日施行、政府決定 憲政史上初の事前公表

政府は1日、「平成」に代わる新元号を「令和(れいわ)」と決定した。今の天皇陛下が改元政令に署名され、同日中に公布。4月30日の天皇陛下退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に施行される。皇位継承前の新元号公表は憲政史上初。出典は「万葉集」で、中国古典でなく、国書(日本古典)から採用したのは確認できる限り、初めて。「大化」(645年)から数えて248番目の元号で、1979年制定の元号法に基づく改元は「平成」に続いて2例目となる。

安倍晋三首相は記者会見で、新元号「令和」に関し「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と述べた。

改元は天皇一代に一つの元号とする「一世一元」制が採用された明治以降、天皇逝去に伴う皇位継承時に行われてきた。今回は退位特例法に基づき、逝去によらない改元となる。

元号選定手続きは平成改元時を基本的に踏襲した。政府は元号候補名の考案を依頼する専門家数人を「国文学、漢文学、日本史学、東洋史学」の分野から選び、3月14日付で正式委嘱。候補名から数個の原案に絞った。

1日にはノーベル賞受賞者の山中伸弥(やまなか・しんや)京都大教授ら有識者9人による「元号に関する懇談会」を首相官邸で開いて意見を聞き、衆参両院の正副議長の意見も聴取して改元政令を閣議決定した。

政府は国会から特例法の付帯決議で「改元に伴って国民生活に支障が生じないようにする」と求められた点を重視。首相は1月の記者会見で、4月1日に事前公表すると表明した。

「令和」(れいわ)の典拠

出典
「万葉集」巻五、梅花の歌三十二首(うめのはなのうたさんじゅうにしゅ)并(あわ)せて序(じょ)
引用文
初春 月、気淑風 、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香
現代語訳
折しも、初春の佳(よ)き月で、気は清く澄みわたり風はやわらかにそよいでいる。梅は佳人の鏡前の白粉(おしろい)のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香のように匂っている (角川ソフィア文庫版、伊藤博訳注による)

新元号ドキュメント

新元号決定を巡る1日の動きは次の通り。

8:33
菅義偉官房長官が首相官邸に入る
8:38
宮内庁の山本信一郎長官が登庁。記者団に「一連の手続きを静かに見守りたい」
8:57
横畠裕介内閣法制局長官が官邸の官房長官室に入る
9:05
安倍晋三首相が官邸入り。記者団に「希望に満ちあふれた新しい時代につながるような新元号を決定したい」
9:32
山中伸弥京都大教授や作家の林真理子さんら有識者9人が参加し「元号に関する懇談会」開催
10:20
菅氏が大島理森、伊達忠一衆参両院議長らから衆院議長公邸で意見聴取
10:57
全閣僚会議で協議
11:17
新元号を決定する臨時閣議開始
11:28
新元号の政令文書を積んだとみられる車が官邸を出発。4分後に皇居に入る
11:41

菅氏が記者会見で新元号を「令和」と発表

11:42
中国共産党機関紙、人民日報が速報
11:45
韓国の聯合ニュースが報道
11:50
ロシア国営タス通信が速報
11:50
立憲民主党の枝野幸男代表が「新しい時代が平和で、国民生活が穏やかであることを祈念したい」との談話発表
12:05
首相が記者会見。新元号に関し「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」
12:31
河野太郎外相が、新元号を世界各国に通知したと記者団に表明
13:15
「元号を令和に改める」と記載した官報号外が張り出される

極秘選定作業の源流

陛下手術、走る緊張
十六年の退位意向で現実に

2012年2月、天皇陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた。「あの時は本当に緊張感が走った」。元号事務を担当していた元内閣官房幹部は、当時の野田佳彦首相下の官邸が固唾(かたず)をのんで見守った様子を振り返った。万が一のことが起きれば、皇位継承に伴う改元作業が現実味を帯びたからだ。

実際、同幹部は天皇陛下の手術を前に「有識者懇談会メンバーの予定者に誰が連絡するか、念のため確認した」と明かす。元号選定の政府要領は有識者懇談会からの意見聴取を規定する。

先立つ10年7月、天皇陛下は「健康上の問題が起きる前に譲位(退位)したい」と宮内庁長官らに伝えていた。ただ改元に向けた作業が本格化した最大の契機は約6年後の16年8月に天皇陛下が退位の意向をにじませたビデオメッセージだった。

この極秘任務と向き合ってきたのが、元号選定の実務を仕切る古谷一之官房副長官補だ。第2次安倍内閣発足後の13年4月、国税庁長官から就任。内政全般の重要政策を裏方で支え、菅義偉官房長官の信任も厚い。ビデオメッセージの後「私の時にいよいよ巡ってきた」と秘めた思いの一端を周囲に吐露した。

元号の候補名は副長官補室やその前身の内閣内政審議室が代々、国文学や漢文学などの専門家に考案を依頼してきた。複数の元政府高官によると、1989年1月の「平成」改元以降の約30年間、首相が代わるごとに、副長官補や内政審議室長が事務の官房副長官に選定状況を説明。さらに必要に応じ、時の首相や官房長官に具体的な候補名を含めて伝えていた。

中曽根、竹下両内閣で元号担当だった的場順三・元内政審議室長は「危機管理上、元号案が準備できていない状況は許されない」と明言する。

周到な準備とともに秘密保持にも腐心した。元担当者は「暗証番号と鍵の両方で解錠できる専用金庫があり、番号は手書きのメモで渡した」と証言する。菅氏は記者会見で「令和」の考案者に関し「新元号と特定の個人の結び付きが強調されかねない」と公表を拒んだ。

古谷氏は最近、副長官補経験者から「昭和天皇の逝去に伴う平成の改元と異なり、余裕を持って準備できるのでは」と問われ「それはない」と即座に反論。新元号発表や改元時期で、さまざまな意見が出たのを踏まえ「時間がある分、調整事項が増えた」と言い切った。

元号あれこれ

01

一世一元

「明治」以前は慶事や地震、火災、疫病の流行などがある度に、まじない的な意味を込め、しばしば改元されている。天皇一代につき、一つの元号と定められたのは明治から。

1968(明治元)年に行政官布告を発布し、89(同22)年に旧皇室典範、引き続いて旧登極令などの法令が整備され、元号は天皇一代について一つとする「一世一元制」が確立した。

しかし明治、大正、昭和と続いた元号は、第2次世界大戦の敗戦によって法的根拠を失い、46(同21)年の新憲法公布(47年施行)に伴い、皇室典範も改められ、元号の規定が新典範から外された。

新憲法後の昭和の性格について、政府は「事実たる慣習として、国民に定着している」との解釈を示し、実態上何ら問題ないとの見解を明らかにしている。

だが、75(昭和55)年前後から「法的にも明確にしないと、新天皇の即位に混乱を招く」などの理由から政府、自民党から元号法制定の動きが出始め、79(同54)年2月に元号法案を国会に提出、同6月に成立した。昭和に続く新元号「平成」と今回の「令和」は、同法に基づいて改元、制定された。

02

「昭和」が最長

わが国に元号が初めて登場したのは645年の「大化」。以来、平成まで247の元号が使われたというのが定説。初期の一時に途切れながらも701年の大宝律令によって、公文書に元号を用いることが明文化され、それ以来、1300年以上にわたって日本では元号が使われ続けてきた。

歴代の元号で最も長く続いたのは「昭和」。大正天皇1926(大正15)年12月25日に大正天皇が死去し、昭和天皇の即位で直ちに昭和と改元された。改元期日は大正天皇の死去当日の「即日改元」で、昭和は約62年続いたことになる。

昭和に次いで長かったのは、明治の44年9カ月、応永(室町時代)の33年10カ月。平成30年4カ月の平成が歴代4位となった。これとは逆に”短命”な元号は、2カ月余の「暦仁」(鎌倉時代)、約3カ月の「天平感宝」(奈良時代)などがある。

また、最初の元号「大化」から明治の前の「慶応」まで、天皇一代当たり平均2・86回、改元した計算で、元号の“平均寿命”は約5年。明治以降の一世一元制が元号を長寿化させている形だ。

03

元号法

1979(同54)年6月に公布された元号法は、一世一元制の確立を主眼としたもので、全文わずか29字の超ミニ法。同法は(1)元号は、政令で定める(2)元号は、皇位の継承があった場合に限り改める―と定め、付則に(1)この法律は、公布の日から施行する(2)昭和の元号は、本則第一項(元号は政令で定める)の規定に基づき定められたものとする―と明記されている。

また、政府は同年10月に「元号選定の手続きについて」とする、元号制定に当たっての具体的な手順を示したマニュアルを閣議了解している。「平成」「令和」は、これらの法規定に沿って決定された。

元号法を手掛けたのは、故大平正芳元首相。元号法の所管官庁は総理府(現内閣府)で、当時の総理府総務長官は三原朝雄氏。大平―三原コンビで元号法制定の準備が進められ、同年2月に国会に提出、約4カ月後の6月6日に成立した。成立時の参院本会議では自民、公明、民社、新自由クラブが賛成、社会、共産両党などは反対した。

04

二百年ぶり
coming soon

あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお

あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお

あいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえおあいうえお

平成のニュース30年史

  • 平成元年/1989年1月7日

    「昭和」から「平成」に
    時代は「昭和」から「平成」に。首相官邸で、墨で書かれた新元号を発表する小渕恵三官房長官。
  • 平成2年/1990年10月1日

    株暴落、バブル経済に亀裂
    中東情勢の緊迫化で株価は2万円の大台を割り、売り一色の東京証券取引所。バブル経済に亀裂。
  • 平成3年/1991年4月1日

    牛肉、オレンジの輸入自由化
    日米経済摩擦を背景に牛肉、オレンジの輸入自由化がスタートした。スーパーでは特別セールも。
  • 平成4年/1992年7月27日

    バルセロナ五輪、岩崎恭子が金
    バルセロナ五輪の女子200メートル平泳ぎ決勝で、14歳の岩崎恭子が金メダルを獲得した。
  • 平成5年/1993年6月9日

    皇太子さま、雅子さまご結婚
    皇太子さまと雅子さまがご結婚。「朝見の儀」に臨まれた後、オープンカーで皇居を出発した。
  • 平成6年/1994年9月20日

    イチローが200安打
    オリックスのイチローが、プロ野球初のシーズン200安打を達成した=グリーンスタジアム神戸
  • 平成7年/1995年1月17日

    阪神大震災
    兵庫県淡路島北部を震源にM7・3の地震が発生。神戸市などで観測史上初の震度7を記録した。
  • 平成7年/1995年3月20日

    地下鉄サリン事件
    東京・霞ヶ関駅を通る地下鉄でサリンがまかれ、13人が死亡、6千人以上が重軽症を負った。
  • 平成8年/1996年2月14日

    将棋、羽生善治が7冠達成
    将棋の羽生善治6冠王(右)が谷川浩司王将を破り、史上初の7冠を独占する偉業を達成した。
  • 平成9年/1997年4月23日

    ペルー日本大使人質事件が終結
    リマの日本大使公邸人質事件はペルー軍特殊部隊の武力突入作戦で終結した。(ロイター=共同)
  • 平成10年/1998年2月17日

    スキー・ジャンプ団体で金メダル
    長野五輪のスキー・ジャンプ団体で金メダル。原田雅彦、岡部孝信、斎藤浩哉、船木和喜の4人。
  • 平成11年/1999年3月18日

    「だんご3兄弟」人気沸騰
    童謡「だんご3兄弟」が大ヒット。「東京おもちゃショー」にはキャラクター商品まで登場した。
  • 平成12年/2000年9月24日

    高橋尚子がシドニーで金メダル
    高橋尚子がシドニー五輪女子マラソンで金メダルを獲得。日本の女子陸上界で初の快挙となった。
  • 平成13年/2001年9月11日

    米中枢に同時多発テロ
    米国で同時多発テロ事件が発生。世界貿易センタービルに航空機が突入した。(ロイター=共同)
  • 平成14年/2002年10月15日

    拉致被害者5人が帰国
    北朝鮮から5人の拉致被害者が24年ぶりに帰国した。小泉首相再訪朝で家族の帰国も果たした。
  • 平成15年/2003年9月15日

    阪神、18年ぶりのリーグ優勝
    星野監督率いる阪神タイガースが18年ぶりのセ・リーグ優勝。記録的な強さで首位を独走した。
  • 平成16年/2004年9月17日

    プロ野球選手会がスト突入
    プロ野球の再編問題をめぐる労使交渉が決裂し、選手会は史上初のストライキ突入を決定した。
  • 平成17年/2005年6月28日

    両陛下、サイパンで犠牲者追悼
    天皇、皇后両陛下は太平洋戦争の激戦地、米自治領サイパン島北部を訪れ、犠牲者を追悼された。
  • 平成18年/2006年2月24日

    トリノ五輪、荒川静香が金メダル
    トリノ五輪フィギュアスケート女子で、荒川静香が金メダルを獲得。ショート3位から逆転した。
  • 平成18年/2006年3月21日

    WBC、日本が初代世界一
    野球のWBCは王貞治監督率いる日本が、10ー6でキューバを破り、初代世界一の座に就いた。
  • 平成19年/2007年10月1日

    民営郵政、業務が本格始動
    日本郵政公社が民営化され、総社員約24万人の巨大企業、「民営郵政」の業務が本格始動した。
  • 平成20年/2008年9月16日

    米証券大手リーマン、経営破たん
    米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破たん。金融業界の再編が加速した。(ロイター=共同)
  • 平成21年/2009年6月25日

    マイケル・ジャクソンさん死去
    米歌手マイケル・ジャクソンさん死去。80年代以降、大ヒットを連発した。(ロイター=共同)
  • 平成21年/2009年11月5日

    松井秀喜、最優秀選手に
    大リーグ、ヤンキースがワールドシリーズを制覇。松井秀喜が日本人初の最優秀選手に輝いた。
  • 平成22年/2010年6月29日

    W杯南ア大会、日本8強ならず
    サッカーW杯南アフリカ大会で日本は、パラグアイにPK戦で敗れ、初のベスト8入りを逃した。
  • 平成23年/2011年3月11日

    東日本大震災
    三陸沖でM9・0、震度7の巨大地震が発生。東北・関東地方を中心に甚大な被害をもたらした。
  • 平成23年/2011年7月18日

    なでしこジャパン、W杯初優勝
    サッカー女子W杯ドイツ大会で日本は2−2からのPK戦の末、強豪の米国を破って初優勝した。
  • 平成24年/2012年8月1日

    ロンドン五輪、内村が金メダル
    ロンドン五輪体操の男子個人総合で内村航平が初優勝。日本選手の個人総合王者は28年ぶり。
  • 平成25年/2013年11月3日

    楽天、初の日本一
    プロ野球の日本シリーズは楽天が巨人を4勝3敗で下し、球団創設9年目で初の日本一に輝いた。
  • 平成26年/2014年2月15日

    ソチ五輪、羽生が金メダル
    ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子で羽生結弦が金メダルを獲得。日本男子の「金」は初めて。
  • 平成27年/2015年8月30日

    反安保法案で最大規模集会
    安全保障関連法案に反対する最大規模の抗議行動が国会議事堂近くで行われた。同法は翌月成立。
  • 平成28年/2016年5月27日

    オバマ米大統領、広島を訪問
    核兵器を使用した唯一の国、米国の現職大統領としてオバマ氏が初めて被爆地・広島を訪問した。
  • 平成28年/2016年8月18日

    レスリング伊調が五輪4連覇
    リオ五輪レスリング女子58キロ級で伊調馨が金メダルを獲得。五輪4連覇は女子個人種目で初。
  • 平成29年/2017年6月26日

    藤井四段、新記録の29連勝
    将棋の最年少棋士、14歳の藤井聡太四段が増田康宏四段を破り、新記録となる29連勝を達成。
  • 平成30年/2018年2月17日

    羽生結弦が五輪2連覇
    平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で羽生結弦が優勝し、66年ぶりの五輪2連覇を達成した。
  • 平成30年/2018年9月9日

    大坂なおみ、全米オープン優勝
    テニスの大坂なおみが全米オープンで優勝。四大大会のシングルス制覇は日本テニス史上初めて。