三菱重工、衛星打ち上げ成功会見 「いま一度、心を引き締めたい」

政府の情報収集衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット46号機=26日午前10時50分、鹿児島県の種子島宇宙センター
政府の情報収集衛星を載せ、打ち上げられるH2Aロケット46号機=26日午前10時50分、鹿児島県の種子島宇宙センター
2023年01月26日
共同通信共同通信

 三菱重工業は26日、H2Aロケット46号機による政府の情報収集衛星レーダ7号機の打ち上げ成功を受けてオンラインで記者会見し、阿部直彦防衛・宇宙セグメント長が2月には後継機のH3ロケット1号機の発射が控えているとして「いま一度、心を引き締めたい」と述べた。H2Aは2005年の7号機から40回連続での成功となった。

 レーダ7号機の開発費は512億円、打ち上げ費用は114億円。内閣衛星情報センターの納冨中所長は「新しい能力を持った衛星を打ち上げることができた」とした。

 46号機は25日に発射する予定だったが、寒波の影響で1日延期していた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/