新宿御苑などに除染土再利用 環境省、3カ所で実証試験

2022年12月06日
共同通信共同通信

 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染で取り除いた土を県外で再利用する実証試験について、環境省が、同省の環境調査研修所(埼玉県所沢市)や新宿御苑(東京都新宿区)など、同省の関連施設3カ所で実施する方向で検討していることが6日、関係者の話で分かった。もう1カ所は国立環境研究所(茨城県つくば市)。

 西村明宏環境相は同日の閣議後記者会見で、複数の候補地があり、関係自治体と調整していると説明。「福島県にとって重要な事業だ。安全性を確認し、理解醸成につなげたい」と述べた。

 環境調査研修所では芝生広場の造成に再利用する予定で、16日に住民説明会を開く。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/