福島で鳥インフルエンザ疑い 養鶏場、県内2例目

2022年12月06日
共同通信共同通信

 福島県は6日、約10万4千羽を飼育している同県飯舘村の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと明らかにした。県内の養鶏場では2例目。今後の遺伝子検査で陽性が確定した場合、全羽が殺処分の対象となる。

 県によると6日午後4時ごろ、養鶏場から「普段よりも死ぬ羽数が増加している」と通報があった。簡易検査では13羽中9羽が陽性だった。

 県内では11月末にも伊達市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認され、約1万4千羽が殺処分された。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/