愛知・豊橋で鳥インフルの疑い 31万羽を飼育の養鶏場

鳥インフルエンザの感染が確認された農場で、殺処分した鶏を入れた袋を鶏舎から運び出す県職員ら=2011年1月、愛知県豊橋市
鳥インフルエンザの感染が確認された農場で、殺処分した鶏を入れた袋を鶏舎から運び出す県職員ら=2011年1月、愛知県豊橋市
2022年12月04日
共同通信共同通信

 愛知県は4日、豊橋市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したと発表した。遺伝子検査で陽性が確定すれば、飼育する約31万羽の採卵鶏を殺処分する。県によると、陽性を確認した場合、県内の養鶏場では11年ぶりとなる。

 県によると、4日午前9時10分ごろ、養鶏場から「通常よりも死ぬ鶏が増えている」と通報があった。簡易検査の結果、13羽のうち6羽が陽性だった。

 遺伝子検査の結果は、5日朝に判明する見通し。県は半径3キロ以内の養鶏場に対し、鶏などの移動自粛を要請した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/