「重症率、感染力で判断」厚労相 コロナ分類見直し

加藤勝信厚生労働相
加藤勝信厚生労働相
2022年11月27日
共同通信共同通信

 加藤勝信厚生労働相は27日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス感染症の法的位置付けの見直しを巡り「致死率や重症化率、感染力、ウイルスの変異を考えながら判断する」と述べた。現在感染症法上で危険度が2番目に高い「2類」より幅広い措置が取れる分類で、厚労省は年内にも見直しに向けた作業に着手する方針。

 現在コロナの治療薬や診療に関わる費用は公費で賄われている。今後、季節性インフルエンザと同じ5類への引き下げなどにより、患者の自己負担を求めるかどうかについては「2類5類にも絡む話。トータルで議論していく必要がある」と述べるにとどめた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/