健保負担、最大890億円増 高齢者医療を巡り、厚労省試算

2022年11月30日
共同通信共同通信

 厚生労働省は30日、65~74歳(前期高齢者)の医療費を巡り、給与水準が高い大企業の従業員らが入る健康保険組合の負担を2024年度から増やす見直しに伴い、健保組合全体で最大890億円の負担増になるとの試算をまとめた。大企業の健保組合を中心に保険料が上がる可能性がある。

 中小企業向けの協会けんぽでは負担が最大1450億円減る。経済力に応じた支え合いを強化する。見直しによって負担が増える健保組合に対する支援策も検討する。社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で具体的な仕組みや影響額を決め、来年の通常国会に関連法改正案を提出する方針。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/