新潟胎内市のハヤブサから高病原性ウイルスを検出 鳥インフル、県内今季3例目

2022年11月30日
新潟日報新潟日報

 新潟県は29日、胎内市で保護され、20日にA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たハヤブサ1羽について、環境省の遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。野 ...

記事全文を読む
新潟日報社新潟日報社

Webニュースサイト「新潟日報デジタルプラス」には、あなたが知りたい新潟のニュースがつまっています。新潟日報の確かな情報を手軽にご利用いただけます。

https://www.niigata-nippo.co.jp/