×
メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

国交省、海草のCO2吸収量算出 全国125港湾で、温暖化対策

2021.11.28 16:21 共同通信

横浜港に生息する海草のアマモ(国土交通省港湾局提供)

 国土交通省は、全国125の主要な港湾で温暖化対策を進めるため、海草や藻類が吸収する二酸化炭素(CO2)量を本年度内に算出する。来年度から港湾ごとに策定する脱炭素化計画に反映させる。藻場や干潟の保全 ...

関連記事 一覧へ