メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

緒方洪庵の薬瓶、素粒子で透視 大阪大、中身特定に成功

2021.5.11 4:30 共同通信
緒方洪庵が使っていた薬瓶(高橋京子・大阪大招へい教授提供)

緒方洪庵が使っていた薬瓶(高橋京子・大阪大招へい教授提供)

 江戸時代末期に大阪で活躍した医師、緒方洪庵が残した薬瓶の中身を、物質を通り抜ける素粒子「ミュー粒子」を当てることでふたを開けることなく特定できたと、大阪大の高橋京子招へい教授(生薬学)らのチームが ...

関連記事 一覧へ