メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

火球、直径数十センチの隕石か 燃え残り地表に落下も

2020.7.3 6:42 共同通信
山梨県北杜市に設置された全天監視カメラが捉えた「火球」の軌跡(左下)=2日未明(河合誠之東京工業大教授提供)

山梨県北杜市に設置された全天監視カメラが捉えた「火球」の軌跡(左下)=2日未明(河合誠之東京工業大教授提供)

 2日未明、関東上空に現れた「火球」の正体は、直径数十センチの隕石である可能性が高いことが阿部新助日本大准教授(宇宙科学)の分析で分かった。南西から北東へ進んだ火球は発光した後、ばらばらに砕け、燃え ...

関連記事 一覧へ