メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

公海に保護区や環境アセス、国連 新協定案が判明、交渉は難航か

2020.2.15 17:37 共同通信
北部太平洋の公海上で違法操業をしている可能性がある漁船(手前)を追跡する米政府の船(米沿岸警備隊提供)

北部太平洋の公海上で違法操業をしている可能性がある漁船(手前)を追跡する米政府の船(米沿岸警備隊提供)

 各国の主権が及ばない「公海」の環境や生物多様性を守り、持続的に利用することを目指す国連の国際協定の議長案が15日、明らかになった。公海に海洋保護区をつくる手続きや、開発行為の前に十分な環境影響評価 ...

関連記事 一覧へ