メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

巨大噴火の海底堆積物を採取 規模や周期解明に可能性

2020.1.24 18:43 共同通信
調査に使用された海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」

調査に使用された海洋研究開発機構の探査船「ちきゅう」

 神戸大海洋底探査センターは24日、鹿児島県・薩摩半島沖の海底火山「鬼界カルデラ」周辺の海底を掘削し、約9万5千年前と約7300年前の超巨大噴火で発生した火砕流が堆積した地層の試料採取に成功したと発 ...

関連記事 一覧へ