メニュー 閉じる メニュー
社会

社会

昨年の熊谷猛暑、二つの要因 フェーン現象に山肌の熱も

2019.6.17 11:40 共同通信
昨年7月23日、埼玉県熊谷市内の大温度計に国内観測史上最高の「41.1度」のシールを貼る担当者

昨年7月23日、埼玉県熊谷市内の大温度計に国内観測史上最高の「41.1度」のシールを貼る担当者

 昨年7月23日に埼玉県熊谷市で国内観測史上最高となる気温41.1度を記録した猛暑は、日本海の上空にあった空気が関東平野北西の山地を越える際にフェーン現象を起こして温度が上昇したのに加え、日照を受け ...

関連記事 一覧へ