×
メニュー 閉じる メニュー
文化

文化

日本酒津々浦々

日本全国津々浦々のさまざまな日本酒のコラムです。

【4557】美丈夫 純米吟醸 荒ばしり 生酒 純麗たまラベル(びじょうふ)【高知県】

2021.5.1 20:53
高知県安芸郡田野町 濱川商店
高知県安芸郡田野町 濱川商店

【Z料理店にて 全6回の⑥完】

 近所のZ料理店に顔を出す。「うちは居酒屋じゃないんだからね。居酒屋みたいにいっぱいの種類の酒を置いてないんだからね」と言いながらも、予約すると、わたくしが飲んだことがないだろうお酒を数種類さりげなく用意してくれる。その心意気がうれしく、2カ月に1回のペースで暖簾をくぐっている。

「福小町」「開運」「山本」「町田酒造」「フモトヰ」に続いていただいたのは、「美丈夫 純米吟醸 荒ばしり 生酒 純麗たまラベル」だった。「美丈夫」は、淡麗系でありながら一本芯が通り、柑橘系の酸が良く出ているイメージが強く、わたくしの口に合う銘柄の一つだ。これまで当連載で14種類を取り上げている。さて、いただいてみる。

「おおおっ、酸が強い!」。おもわず口に出た。セメダイン(酢酸エチル)似のバナナ的芳香がたっぷり! 柑橘系の酸がすごい。プチプチプチプチプチプチ口の中で弾け、フレッシュ。これは大好きだ! これは旨い! 温度が上がると、さらに酸が出てくる。余韻も酸。実にきれいで清流感満点の酒質。まったく飲み飽きしない。ずっと飲んでいられる。まさに食中酒だ。

 清流でヤマメかイワナを釣り、その場で焼いて、この酒と合わせれば、さぞ極楽だろうな。たまんないだろうな。そんなことをおもわせるお酒だ。

「純麗たまラベル」について、蔵のホームページは以下のように説明している。

「私たちの蔵ならではの恵みのひとつは醸造に適した仕込み水。柔らかな軟水を用いた低温醗酵は、じっくり穏やかな経過を辿り、きめ細やかでたおやかな口当たりの酒を生み出します。丁寧な造りの結果として出てくる控えめな吟醸香は、柑橘系。
キュンとした酸味と果実を連想させる爽やかさを持つ純米吟醸です。米のふくらみや柔らかさを感じながらも、最後のキレ味は、シャープ。これぞ美丈夫、といえる定番酒です」。今回のお酒は、そのあらばしり生バージョンだ。

 瓶のラベルのスペック表示は「原材料名 米(国産)米麹(国産米)、精米歩合55%、アルコール分15%、製造年月2021.2」にとどまり、使用米の品種名が非開示なのは残念だ。

酒蛙

関連記事 一覧へ