×
メニュー 閉じる メニュー

製鉄所に民間人200人か ロシア軍の攻撃で火災、退避難航

アゾフスターリ製鉄所から避難してきた人らを乗せたバスと、子どもを抱く女性=2日、ウクライナ東部ドネツク州(ロイター=共同)
アゾフスターリ製鉄所から避難してきた人らを乗せたバスと、子どもを抱く女性=2日、ウクライナ東部ドネツク州(ロイター=共同)

 【リビウ(ウクライナ西部)共同】ウクライナ内務省系の軍事組織「アゾフ連隊」は2日、民間人の退避が続くウクライナ南東部マリウポリのアゾフスターリ製鉄所に、最大200人の民間人が残されたままだと明らかにした。ロイター通信が報じた。ロシア軍は製鉄所への砲撃を続け、大規模な火災が発生。退避は難航している。…[続きを読む]