×
メニュー 閉じる メニュー

北ミサイル発射、韓国与党に不利 李大統領候補のブレーンが懸念

インタビューに応じる韓国の李鍾ソク元統一相=韓国・城南(共同)
インタビューに応じる韓国の李鍾ソク元統一相=韓国・城南(共同)

 【ソウル共同】韓国の革新系与党「共に民主党」の大統領候補、李在明前京畿道知事の北朝鮮政策などのブレーンを務める李鍾ソク元統一相が18日までに共同通信と会見し、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射について「(緊張が高まることで)李候補に非常に不利に働く」と選挙への影響を懸念し、自制を求めた。【続きを読む】