×
メニュー 閉じる メニュー

ウクライナで政権転覆画策か ロシアで動きと英外務省

18日、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島を移動するロシア軍の装甲車両の列(AP=共同)
18日、ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島を移動するロシア軍の装甲車両の列(AP=共同)

 【ロンドン共同】英外務省は22日、ロシアでウクライナに親ロシア指導者を就任させようとの動きがあると発表した。親ロシアのヤヌコビッチ元政権下で最高会議議員だったムラエフ氏が最も有力視されているという。トラス外相は「ウクライナの政権転覆を狙う活動が明るみに出た」との声明を出した。[続きを読む]