×
メニュー 閉じる メニュー

6年以内に台湾有事、今も懸念 前米司令官、習氏に野心

米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン前司令官
米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン前司令官

 【ワシントン共同】米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン前司令官(退役海軍大将)は20日、共同通信のインタビューで、中国が統一を目指す台湾を巡る有事が6年以内に起きる「懸念」を今も持っていると述べた。中国の習近平国家主席の権力維持に向けた政治的野心などを根拠に挙げた。上院軍事委員会で3月に同様の考えを証言後、軍内の一部から否定的見解が出ていた。[続きを読む]