×
メニュー 閉じる メニュー

米大統領「自衛隊派遣を」 90年湾岸危機時、外交文書

1991年5月、ペルシャ湾入りし、アラブ首長国連邦のドバイへ向かう海上自衛隊の掃海部隊(共同)
1991年5月、ペルシャ湾入りし、アラブ首長国連邦のドバイへ向かう海上自衛隊の掃海部隊(共同)

 1990年8月の湾岸危機の際、ブッシュ(父)米大統領が海部俊樹首相に対し、自衛隊による米軍の後方支援を求めていたことが22日公開の外交文書や元政府高官の証言で分かった。米大統領が自衛隊派遣を働き掛けた事実は公表されていなかった。日本は派遣に応じなかったものの、戦後貢献策としてペルシャ湾で掃海艇を展開した。[続きを読む]