×
メニュー 閉じる メニュー

日本発の抗寄生虫薬の使用開始 南アフリカ、新型コロナ治療に

南アフリカ・ヨハネスブルクで見受けられる抗寄生虫薬「イベルメクチン」のパッケージと容器=29日(AP=共同)
南アフリカ・ヨハネスブルクで見受けられる抗寄生虫薬「イベルメクチン」のパッケージと容器=29日(AP=共同)

 【ナイロビ共同】南アフリカの医薬品規制当局は30日までに、2015年のノーベル医学生理学賞受賞者、大村智博士が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、新型コロナウイルスの治療薬としての使用を始めたと発表した。医師らの厳重な管理下での使用を条件としている。発表は28日付。…[続きを読む]