×
メニュー 閉じる メニュー

「教員の適格性に欠ける」部の総監督解雇 誕生日に合わせ部員から現金 剣道強豪校

剣道強豪校の帝京第五高=愛媛県大洲市
剣道強豪校の帝京第五高=愛媛県大洲市

 全国大会で優勝経験のある帝京第五高(愛媛県大洲市)の剣道部で、総監督を務めていた男性(62)が自身の誕生日に合わせ、部員が集めた現金を受け取っていた。運営法人は「教員の適格性に欠ける」と判断し、4月に解雇。学校側は取材に強制ではなかったとしていたが、調査した第三者委員会は強制性を認めた。

 金額は1人当たり5千円で、高校生にとって大金だ。子どもに現金を渡した保護者は、子どもから「払わなかったら自分が孤立する。それが怖い」と言われたと明かす。強豪校の指導者が持つ権限を背景にした、いびつな構図が浮かび上がる。(共同通信=市川真也)[続きを読む]