信頼の厚い政策通 自民幹事長内定の茂木敏充氏

岸田首相から幹事長職を打診され、取材に応じる茂木外相=1日午後、東京・永田町の自民党本部
岸田首相から幹事長職を打診され、取材に応じる茂木外相=1日午後、東京・永田町の自民党本部
2021年11月01日
共同通信共同通信

 自民党旧竹下派会長代行を務め、今年9月の総裁選では派内の大半を岸田文雄首相支持に集約した。首相が掲げる党改革の実現に向け、党内をまとめる手腕が問われる。

 外相として日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国による協力の枠組み「クアッド」の連携強化に奔走した。経済産業相や経済再生担当相、党政調会長を歴任。党内屈指の政策通として知られるが、周囲からは「要求水準が高い」との声も。安倍晋三元首相、麻生太郎副総裁らの信頼も厚い。66歳。栃木県出身。(旧竹下派)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/