14歳が誤って投票、千葉 父親の整理券で受け付け

2021年11月01日
共同通信共同通信

 千葉県流山市は1日、父親の入場整理券を使って受け付けをした男子中学生(14)に、衆院選小選挙区の投票をさせるミスがあったと発表した。票の特定は困難で、市は有効票として扱った。中学生は「父親の具合が悪く、代理で投票できると思った」と話したという。

 市選挙管理委員会によると、中学生は10月31日、母親と市内の投票所を訪問。小選挙区の投票後、比例代表と国民審査の記載台で記入しているところで、容姿が若いことに違和感を持った職員が声を掛けて判明した。

 市は選挙人名簿に記載されている年齢を十分に確認するなど本人確認を今後徹底し、再発防止に努めるとしている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/