近畿ブロックで維新最多 大阪15勝、比例も躍進

テレビ局のインタビューで笑顔を見せる日本維新の会の松井代表=31日午後11時3分、大阪市内のホテル
テレビ局のインタビューで笑顔を見せる日本維新の会の松井代表=31日午後11時3分、大阪市内のホテル
2021年11月01日
共同通信共同通信

 衆院選近畿ブロックは2府4県の47選挙区と比例代表(定数28)の計75議席のうち、日本維新の会が選挙区16と比例10の計26議席を獲得し、最多だった。自民党は計25議席だったが、選挙区を制した無所属候補2人のうち1人を追加公認したため同数に。公明党が計9議席、立憲民主党が計7議席と続いた。

 維新は30選挙区に擁立。前回3勝だった本拠地の大阪で15人が全勝、兵庫でも1人が勝利した。比例は公示前から倍増した。自民は擁立した40選挙区のうち勝利したのは17選挙区。比例は8議席にとどまった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/