杉田水脈氏の罷免求め意見書送付 アイヌ民族団体、首相らに

記者会見する市民団体「アイヌ政策検討市民会議」の木村二三夫さん(右)ら=8日午後、北海道庁
記者会見する市民団体「アイヌ政策検討市民会議」の木村二三夫さん(右)ら=8日午後、北海道庁
2022年12月08日
共同通信共同通信

 アイヌ民族や学者らでつくる市民団体「アイヌ政策検討市民会議」(札幌市)は8日、北海道庁で記者会見し、ブログにアイヌ民族をやゆする投稿をした杉田水脈総務政務官の罷免を求める意見書を岸田文雄首相や松本剛明総務相らに送付したと明らかにした。

 意見書では「マイノリティーを攻撃する杉田氏のヘイトスピーチ、それを容認、拡散し続ける政府の振る舞いを看過できない」と強調。「杉田氏の留任は岸田内閣がマイノリティーを差別する政権だと内外に示すことになる」と訴えた。その上で、杉田氏が当事者に直接謝罪する場を設けるよう求めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/