宮崎県知事選に3氏が届け出 河野氏、東国原氏らと対決

宮崎県知事選が告示され、候補者の演説に耳を傾ける人たち=8日午前、宮崎市
宮崎県知事選が告示され、候補者の演説に耳を傾ける人たち=8日午前、宮崎市
2022年12月08日
共同通信共同通信

 任期満了に伴う宮崎県知事選が8日告示され、元職東国原英夫氏(65)、4選を目指す現職河野俊嗣氏(58)=公明推薦、社民支持、政治団体代表「スーパークレイジー君」(本名・西本誠)氏(36)の無所属3氏が立候補を届け出た。投開票は25日。

 タレントから転身し、2007年から知事を1期4年務めた東国原氏と、総務省出身で副知事として支えた河野氏の事実上の一騎打ちとなる。3期12年の河野氏の県政運営に対する評価や、物価高と新型コロナウイルスで冷え込んだ地域経済の立て直しが争点となる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/