自民「国会に早期説明を」 衆院国葬検証協議会、立民は遺憾

安倍元首相の国葬について検証する衆院協議会=2日午後、国会
安倍元首相の国葬について検証する衆院協議会=2日午後、国会
2022年12月02日
共同通信共同通信

 衆院は2日、安倍晋三元首相の国葬について検証する協議会を国会内で開き、与野党が意見を表明した。自民党は開催に法的な問題はなかったとした上で「もう少し早いタイミングで国会に説明した方が良かった」と指摘。立憲民主党は法的根拠はないとし「社会の分断を生み禍根を残した。遺憾だ」と強調した。国会の関与も求めた。

 協議会は5回目。座長の山口俊一議院運営委員長(自民)は終了後、記者団に「国会の関与をどうするかという点で各党の意見に開きがある」と述べた。各党や有識者の見解を踏まえ、来週にも文書を取りまとめる方針だ。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/