富山・舟橋村長に渡辺氏 2度不信任で前村長失職

富山県舟橋村長選で初当選し、花束を手にする渡辺光氏=27日夜、舟橋村
富山県舟橋村長選で初当選し、花束を手にする渡辺光氏=27日夜、舟橋村
2022年11月28日
共同通信共同通信

 村議会から2度の不信任決議を受け、前村長が失職したことに伴う富山県舟橋村長選は27日投開票され、無所属新人で会社役員の渡辺光氏(41)が無所属新人の前村議酒井信行氏(56)を破り初当選した。投票率は71.60%。渡辺氏は村内の事務所で「『ワンチーム舟橋』を実現し、新たな村の創造を進めていきたい」と決意を述べた。

 1980年以来42年ぶりの選挙戦で、パワハラ問題が発覚した役場改革などが争点となった。渡辺氏は27日夜、村政の課題に関し「組織改革が急務だ。県や他の市町などとの人材交流が効果的ではないかと考えている」と語った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/