×
メニュー 閉じる メニュー
政治

自宅待機、10日間に短縮へ 政府、コロナ水際対策緩和を調整

2021.9.8 23:33 共同通信
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 政府は新型コロナウイルスの水際対策として帰国者や入国者に求めていた自宅待機期間を、現行の14日間から10日間に短縮する方向で調整に入った。早ければ今月末にも適用する。  措置緩和の対象はワクチンを ...

関連記事 一覧へ