メニュー 閉じる メニュー
政治

政治

3月の小売販売額、4.6%減 基調判断「低下」に引き下げ

2020.4.30 11:24 共同通信

シャッターが閉まった店舗が目立つ大阪・ミナミの商店街=18日
シャッターが閉まった店舗が目立つ大阪・ミナミの商店街=18日

 経済産業省が30日発表した3月の商業動態統計速報によると、小売販売額は前年同月比4.6%減の12兆8440億円だった。2月のプラスから減少に転じた。基調判断は「低下している」に引き下げた。

 経産省の担当者は「新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や休業などが響いた」と説明した。下げ幅は消費税増税の影響があった昨年10月以来の大きさとなった。

 業種別では、全9業種のうち8業種が減少した。落ち込み幅が最大だったのは織物・衣服・身の回り品で、22.3%減となった。百貨店の売り上げなどを含む各種商品が21.0%減と続いた。増加はマスクや除菌製品を含む医薬品・化粧品だけで、1.5%増だった。

 緊急事態宣言による休業が続く百貨店の先行きについて、担当者は「さらに落ち込むと予想される」と話した。一方、スーパーでは外出自粛による内食需要の高まりで飲食料品が堅調だった。