メニュー 閉じる メニュー
政治

政治

国民民主、9月入学提言へ コロナ休校の遅れ解消

2020.4.27 16:52 共同通信

 国民民主党は27日、新型コロナウイルスの感染拡大による学校休校を受け、9月入学・新学期への制度変更について議論するワーキングチームの初会合を国会内で開いた。休校に伴う学習の遅れの解消や、秋入学が主流の海外と合わせて国際化を図る狙い。立憲民主党などとも調整し、今週中に萩生田光一文部科学相に提言したい考えだ。

 今年の新学期のスタートを9月に遅らせることを想定している。座長の城井崇衆院議員は会合で「学びの遅れを取り戻すため、必要な手だてを実行する」と述べた。出席議員からは「受験を控える高校3年生から不安の声が出ている」などと賛同する意見が相次いだ。

 これとは別に、日本維新の会も同日、休校による学習のばらつきをリセットするとして、9月入学への切り替えなどを盛り込んだ提言を発表した。

 一方、導入を巡っては、就職活動時期との兼ね合いや、会計年度とずれが生じることが課題として指摘されている。