×
メニュー 閉じる メニュー

逃れる人、とどまる人
戦時下を生き抜く

ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナでは多くの町や村が破壊され、1千万を超える市民が住み慣れた土地を追われた。ウクライナ軍が奪還した町に戻り生活を立て直す人、帰還する見通しが立たず避難生活の長期化に耐える人―。終わりが見えない戦乱の中、人々は重い選択を迫られた。心に傷を負い、やり切れない思いを抱えながらも、懸命に生き抜こうとする人々を訪ねた。(共同通信・ウクライナ取材班)*写真・記事の内容は、2022年7月19日までの取材を基にしたものです。

共同通信