メニュー 閉じる
写真

写真

「自分らしく」新時代へ
個性光る「平成の部屋」

改元の日が迫っている。30年間の平成が終わり、新しい時代が幕を開ける。平成とはどんな時代だっただろうか。 東日本大震災などの自然災害が相次いだ。技術の発展に伴い、ライフスタイルは多様化。ユーチューバーに代表される新しい職業も誕生した。 部屋は個性が表れる空間。平成生まれの若者の部屋を訪ねると、「自分らしさ」が光る生活が垣間見えた。(写真と文 <span class="keyword">宮野</span>翔平・共同通信写真映像記者) *写真・記事の内容は、2019年3月20日までの取材を基にしたものです。