メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

J1、7月再開へ調整スタート 各クラブ監督らが意気込み

2020.5.30 20:34 共同通信

練習する浦和の選手たち=さいたま市(クラブ提供)
練習する浦和の選手たち=さいたま市(クラブ提供)

 新型コロナウイルスの影響で中断しているJ1の再開が7月4日に決まり、各クラブはようやく照準を定めた調整が可能となった。浦和の大槻監督は30日、オンラインで取材に応じ「(チームを)つくり上げるプロセスを決めることができる。現状でやれること、やってきたことをしっかりと継続して7月4日に向かっていきたい」と意気込みを語った。

 大分は動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式アカウントで練習の一部を公開。片野坂監督は「目標がしっかりできた。いいスタートが切れるようにやっていく」と表情を引き締めた。

 清水は全体練習開始を6月1日と決めた。クラモフスキー監督は「全力を尽くしてやっていきたい」と言葉に力を込める一方、既にリーグ戦が再開したドイツでは負傷者が多く出ており「練習の組み方を考えたり、しっかりと準備したりすることが大事」とけが予防の重要性も口にした。

 リーグは公式戦スタートまでに全選手を対象にPCR検査を実施する方針を示している。湘南のベテラン石原直は「すごくいいこと。少しでも不安を取り除くことはありがたい」と話した。