メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

国内景気「急速な悪化続く」 月例報告、コロナ影響

2020.5.28 18:04 共同通信

月例経済報告関係閣僚会議に臨む安倍首相(左)と菅官房長官=28日午後、首相官邸
月例経済報告関係閣僚会議に臨む安倍首相(左)と菅官房長官=28日午後、首相官邸

 政府は28日発表した5月の月例経済報告で、国内景気の判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、急速な悪化が続いており、極めて厳しい状況にある」とした。悪化が続く状況を反映して表現変更したが、4月から基調は変えなかった。一方、緊急事態宣言の全面解除を受け、先行きから「感染症が経済をさらに下振れさせるリスク」との記述を削除した。

 政府は4月に示した過去最も厳しい景気認識を5月も維持した。今後、経済活動が段階的に再開するが、政府が講じる雇用や企業の支援策が早く行き渡らなければ、経済へのダメージは大きくなり、景気回復が遅れる可能性もある。

 5月の個別項目では、雇用情勢を「足元では弱い動きがみられる」から「弱さが増している」に下方修正した。全国的に外出や営業自粛が広がった影響で消費が激減し、休業者や職を失った人が増えた。

 輸出と設備投資の判断も引き下げた。個人消費は4月の「急速に減少している」から「急速な減少が続いている」に表現変更した。

 先行きは「感染拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動のレベルを段階的に引き上げていくが、当面、極めて厳しい状況が続く」と見通した。

 世界経済の基調判断は「急速な悪化が続いており、極めて厳しい状況にある」で据え置いた。