メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

貧困の子ども8000万人増 コロナ影響、ユニセフ分析

2020.5.28 9:09 共同通信

 【ニューヨーク共同】国連児童基金(ユニセフ)と非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレンは28日付で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経済への悪影響により、貧困下の子どもが年内に最大8600万人増加する恐れがあるとの分析結果を発表した。

 分析によると、中低所得国の貧困ライン以下で暮らす子どもは年末までに6億7200万人に達する可能性があり、その3分の2はサハラ以南のアフリカと南アジアに住んでいる。増加率は欧州と中央アジアが最大44%と最も高く、中南米とカリブ海諸国は22%。

 ユニセフなどは、パンデミックに伴う世界的な経済危機の影響は、各家庭の収入減により食料や水が得られなくなり、医療や教育の機会が減ると指摘。さらに、財政の縮小により各家庭が受けられる社会的サービスが低下し、ウイルス封じ込めが困難になる状況をもたらすとした。

 ユニセフのフォア事務局長は「最貧困層の家庭は過去数十年なかったレベルの貧困に直面する可能性がある」として、国際社会に「連携した取り組み」を呼び掛けた。