メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

米の感染死者、10万人を突破 ペース鈍化、世界の3割集中

2020.5.28 8:38 共同通信

ニューヨークの墓地=27日(ロイター=共同)
ニューヨークの墓地=27日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの米国の死者が27日、10万人を突破した。感染者数は約169万人で、いずれも世界最多。感染は3月に東部ニューヨーク州で爆発的に増加した後、全米50州に拡大した。米メディアによると、死者は4月に1日当たり2千人が報告されることも珍しくなかったが、最近のペースは鈍化している。

 同大によると、死者数が2番目、3番目に多い英国とイタリアはいずれも3万人台。世界の死者計約35万人のうち3割近くが米国に集中し、突出して多い。

 米50州全ては既に感染拡大防止のため取っていた外出禁止措置の一部緩和に乗り出しており、トランプ大統領は11月の大統領選に向けて経済活動の再開を各州知事に強く促している。ただ、西部カリフォルニア、南部のバージニアとノースカロライナなどの各州で新規感染者数が増加傾向にあり、感染再拡大に対する懸念はぬぐえていない。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、この10日間で1日当たりの死者が1500人を超えたのは1日だけで、26日の747人は3月下旬以来の少なさだった。各州で導入した外出禁止措置や、他人と一定の距離を取るソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の習慣が広まった効果が出ているとみられる。

 州別の死者数ではニューヨーク州の約2万9千人、隣接する東部ニュージャージー州の約1万1千人が突出。ほかに東部マサチューセッツ州の約6500人、中西部ミシガン、東部ペンシルベニア両州が5千人台で続いている。

朝もやに包まれた米ニューヨークのマンハッタン島=27日(ゲッティ=共同)
朝もやに包まれた米ニューヨークのマンハッタン島=27日(ゲッティ=共同)