メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

政府、コロナ対処方針を改定 経済活動8月にも全面再開

2020.5.25 22:41 共同通信

緊急事態宣言全面解除を受け、記者会見する西村経済再生相=25日夜、東京都千代田区
緊急事態宣言全面解除を受け、記者会見する西村経済再生相=25日夜、東京都千代田区

 政府は25日、全国での緊急事態宣言の解除に合わせ、新型コロナウイルスへの基本的対処方針を改定し、社会経済活動の段階的な再開に向けた指針を示した。全国で自粛が続く観光や大規模イベントの開催、集団感染が発生した施設利用などについて、約3週間ごとに感染状況を確認して制限の緩和を進め、8月1日をめどに全面再開する。

 全国から観光客が集まる祭りは7月末まで開催を見合わせた上で、人と人との距離を十分に空けて8月1日ごろから開催するよう求める。プロスポーツは6月19日をめどに無観客での開催を認め、段階的に入場者数を増やすよう要請する。ただ、8月以降も観客数を収容可能人数の半分以下とする制限は残す。

 指針は、各都道府県知事が自粛要請の解除を判断する際の参考にしてもらう。事業者への強制力はない。政府は7月末までを、感染拡大防止と経済活動が両立する「新しい生活様式」を定着させるための移行期間と位置付ける。