メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

本能寺の変の原因は?「総選挙」 京都・福知山市がネット投票募る

2020.5.13 18:01 共同通信

 明智光秀が築城した福知山城がある京都府福知山市は、諸説入り乱れる「本能寺の変」の原因について、最も人気の高い説をインターネット投票で決める「本能寺の変 原因説50 総選挙」の参加を受け付けている。1月にオープンした「福知山光秀ミュージアム」が新型コロナウイルスの影響で3月11日から休館となっており、展示内容などを生かしたイベントとして企画された。

 光秀が織田信長に反旗を翻した動機を巡っては、学者や歴史ファンらがさまざまな説を唱えてきたが決着はついていない。担当者は「本能寺の変は日本史最大のミステリー。みんなで盛り上がり、再び開館したらぜひ福知山を訪れてほしい」と期待する。

 参加者は同館の公式サイト内の専用ページにアクセス。館内の展示パネルなどを画面上で見た上で、信長に対する怨恨、天下取りへの野望など古くから唱えられてきた説から、朝廷や将軍足利義昭、イエズス会ら「黒幕」の存在を挙げる説までバラエティーに富んだ50の候補から「推し説」を選んで投票する。

 今月24日締め切りで、期間中は何度でも投票可能。結果は本能寺の変が起きた6月2日朝にランキング形式で発表する。

 公式サイトには、代表的な説の詳しい説明や、自分に合った説が分かるチャートなども掲載。投票者から抽選で130人に、光秀が重臣の明智秀満に謀反の決行を知らせる体裁の「本能寺の変 お知らせハガキ」が郵送される企画も行う。