メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

パラリンピック準備進む 1964年10月31日  「再現日録 東京五輪の10月」(31)

2020.10.31 8:00 共同通信
 
1964年11月8日、パラリンピック開会式で日の丸を先頭に車いすで入場行進する日本選手団
1964年11月8日、パラリンピック開会式で日の丸を先頭に車いすで入場行進する日本選手団

 

 11月に開幕する東京パラリンピックを控え、大会運営委員会は31日、開会式で宣誓する日本選手代表に、日中戦争で負傷し国立箱根療養所に入所中の青野繁夫(あおの・しげお)選手を選出した。開会式での旗手2人も決定した。

 パラリンピックには日本の53選手を含めて、約20カ国から370人余りの選手が参加。11月8~12日の期間中に9競技144種目が行われる。

 国際オリンピック委員会(IOC)のブランデージ会長は31日、東京都議会で都政関係者らを前に演説し、東京五輪の成功に感謝すると述べた。

 ブランデージ氏は、第2次大戦で中止となった1940年の「幻の東京五輪」に触れ「当時はジェット機もなく、日本は遠い国だった。開催されたとしても今回のように大成功をおさめられたか」と述べた。その上で64年五輪の「能率的な運営、友情に満ちたもてなし」を称賛した。

 一方、米軍施政下の沖縄では31日、米高等弁務官ワトソン中将が、第4代琉球政府行政主席に松岡政保(まつおか・せいほ)氏を任命した。

   ×   ×

 青野選手はパラリンピックの報告書に「外国選手のあの明るさはどこから来るのか」と書く。海外選手の多くは職業を持っていたが、日本の53選手で仕事をしていたのは5人だけ。64年パラリンピックは、障害者の雇用とスポーツを前進させる出発点となった。(国名や組織・団体名、競技名、肩書などは当時の呼称に従っています。 共同通信=軍司泰史)

(※1枚目の写真は、白黒写真を人工知能(AI)でカラー化しました。実際の色合いと同じとは限りません)

 

1964年10月31日、東京・新宿でパラリンピック選手専用バスが公開された。車いすに乗ったまま乗り降りできるリフトが付いていた
1964年10月31日、東京・新宿でパラリンピック選手専用バスが公開された。車いすに乗ったまま乗り降りできるリフトが付いていた