メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

コロナ以外の感染症も警戒 学会プロジェクト小冊子 【新型コロナ・ミニ知識】

2020.9.8 14:00 共同通信

 新型コロナウイルスの脅威は深刻だが、危険な感染症は他に幾つもあることを知ってほしい―。

 日本感染症学会(舘田一博理事長)などによる感染症予防の啓発プロジェクト「FUSEGU 2020」は、今後の渡航制限緩和により国際イベントが開催された場合に、新型コロナと並んで特に警戒が必要な8種類の感染症について、特徴をまとめた小冊子「FUSEGU BOOK」(16ページ)を作成した。

 取り上げたのは、はしか、風疹、髄膜炎菌感染症、水ぼうそう、A型肝炎、B型肝炎、おたふくかぜ、インフルエンザ。症状や感染経路、潜伏期間などをイラストを交えて紹介。多くの感染症予防に有効な手洗いやアルコール消毒の方法のほか、マスクの使い方などを解説している。

 8種の感染症にはワクチンがあることから、イベントの関係者や医療従事者などに分けて、ワクチン接種の推奨度も示した。小冊子はプロジェクトの特設サイトからダウンロードできる。(9月1日配信)

小冊子「FUSEGU BOOK」を持つ日本感染症学会の舘田一博理事長
小冊子「FUSEGU BOOK」を持つ日本感染症学会の舘田一博理事長