メニュー 閉じる

47News

全国

全国

編集部こぼれ話

47NEWSの編集スタッフが、新たに盛り込まれたコンテンツの紹介、サイト制作上の裏話やこぼれ話、編集者の生の声などをお伝えするコーナーです。 投稿欄も併設しますので、皆さまの声もお寄せください。

【明けましておめでとうございます。47NEWS編集部です】 

2017.1.1 11:34
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

 明けましておめでとうございます。日頃、47NEWSをご利用いただきありがとうございます。47NEWSは昨年12月、誕生から10年を迎えました。今年は大幅なページリニューアルを予定しています。今後ともさらなる応援をよろしくお願いいたします。


 47NEWSは今年も「面白い」「わかりやすい」「役に立つ」の三つのキーワードを軸に多彩なコンテンツをお届けしていきます。


 「面白い」はニュースの面白さをネットを通じ皆さまに伝えたいという願いです。速報、ストレートニュース、地方発のニュース、スポーツ記録、写真、動画はもちろん、ニュースの背景を探る読み応えのある記事を提供したいと考えています。共同通信記者が書き下ろした「デジタルEYE」や「トピックス」、編集部コラムの「日めくり」、共同通信編集委員の企画「新しい力」「伝える訴える」、「花まるシネマ」などエンタメ特集、地方の現実を伝える「熊本地震」「原発問題」「フクナワ」、アメフットWEBマガジン「週刊TURNOVER」など、ニュースコンテンツをさらに充実させていきます。


 「わかりやすい」は多彩なコンテンツへのアクセスをいかに容易にするかの創意工夫です。コンテンツをつくったはいいが、皆さまがどんな内容か分からない、どこにあるか分かりづらいというのでは失格です。47NEWSは昨年、「編集部おすすめ」「エンタメスポーツ」の欄をつくりました。編集部が自信を持っておすすめするコンテンツを写真と見出し、記事のさわり部分などで紹介していきます。


 さまざまな情報から「役に立つ」ものを厳選、伝えていくのもわれわれの仕事の一つです。47NEWSのマスコットキャラ「てくにゃん」が、てくてく歩いて見つけた地域情報や医療・健康など生活情報を日々発信していきます。紅葉、イルミネーション、桜など行楽関連ニュースもお伝えします。昨年新設した「47文化プログラム」では2020年の東京五輪をにらみ、全国の文化に関するイベント、情報を掲載しています。


 今年は酉(とり)年。夜明けに一番に鳴くニワトリのように、47NEWSも世の中の潮流の変化をいち早くお伝えできれば幸いです。 (47NEWS編集長 太田清)

最新記事