メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

編集部こぼれ話

47NEWSの編集スタッフが、新たに盛り込まれたコンテンツの紹介、サイト制作上の裏話やこぼれ話、編集者の生の声などをお伝えするコーナーです。 投稿欄も併設しますので、皆さまの声もお寄せください。

児童養護施設にカルピス寄付 創立100周年の東京司法書士会

2019.6.24 13:27
 
 

 東京司法書士会は今年創立100周年を迎えるのに合わせて、東京都が管轄する児童養護施設に、同じくブランド誕生から100周年となるアサヒ飲料の「カルピス」を無償で寄付する。

 全国各地で児童虐待事件が相次ぐなか、親元を離れて暮らす子どもたちを少しでも支援しようと都内の司法書士らでつくる同会が初めて企画。関東でスーパーマーケットを展開するコモディイイダの協賛も受けて、寄付を希望する施設に計約2千本のカルピスを8月に届ける予定だ。

 司法書士で同会の広報委員長を務める上野祐一郎さんは「子どもたちにとって司法書士は縁遠いかもしれないが、この取り組みをきっかけに身近な存在になっていければ」と話している。同会では、同様の支援を今後も続けていく予定という。(47NEWS編集部)

最新記事