×
メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

47オピニオン

各テーマの専門家に原稿を依頼したり、取材してまとめたりした「識者評論」「視標」、編集委員や論説委員、専門記者らが執筆した「核心評論」を随時アップ。

薬物乱用抑止へ処罰必要   視標「大麻使用罪」

弁護士 落合洋司

 大麻に関する各種研究によれば、使用、依存による身体、精神への悪影響が確実に存在する。大麻は無害だとか、たばこよりも害がないと語られることがあるが、それは俗説であり誤りである。

 そして見逃せないのは、大麻が薬物乱用の入り口(ゲートドラッグ)になっている現状だ。かつては有機溶剤(シンナー)だったが、大麻がそれに代わっている。

 若年層の大麻事犯による摘発が増えている現状には、憂慮すべきものがあり、さらなる薬物乱用への深みにはまることを抑止する必要性は高まっている。処罰規定の導入に当たっては、規制を基礎付ける事実(立法事実)が必要だが、そこは満たされていると考えるべきだろう。

 また日本では、規制すべき薬物が厳しく取り締まられてきた歴史があり、国民感情も、大麻使用を放置せず必要な処罰を行うべきだというものであると考えられる。

 現行の薬物法制では、大麻使用が処罰されないことが抜け道になっている。大麻使用者に対する調査でも、処罰対象になっていないことが使用につながったとする者が相当数に上る。

 大麻使用が処罰されてこなかったのは、大麻草の栽培従事者が刈り取り作業で大麻成分を吸引してしまうことが理由とされてきた。しかし、栽培従事者が激減した上、従事者の尿検査で大麻成分は検出されず、使用を処罰しない根拠にはならないことが明らかになっている。

 肉体的、精神的苦痛を免れるための大麻使用が禁じられることで、使用者を追い込むという反対論がある。

 私が検事であった当時、さまざま薬物使用者でそのような弁解を多数聞いてきたが、乱用者の使用動機は快楽目的であり、そういった弁解は、結局は言い訳以外の何物でもなかった。

 今後、医療用大麻を合法化することで、正当な使用に道を開くべきである。

 それでは、大麻使用者には、どのような処罰を科すべきか。刑罰の目的は、単に応報ではなく、犯罪抑止のため必要で合理的な範囲にとどめられるべきである。

 大麻は覚醒剤などよりは毒性も低く、既存の法定刑も他の薬物よりは低く抑えられている。また大麻使用者は、薬物乱用の入門段階にある者が多く、効果的な治療、指導により乱用の流れから離れられる者が多い。

 大麻使用罪の法定刑は、基本的に罰金刑にとどめ、懲役刑は常習性がある場合に限り、罰金刑を科すに当たっても、執行猶予やその間の保護観察処分を必要に応じ積極的に選択して治療、指導を行う運用が望ましい。

 どのような犯罪にどのような刑罰を科すかは、その国の歴史、文化、国民の規範意識を踏まえて決せられるべきものであり、この問題についても活発な国民的議論が必要と考える。

 (2021年6月25日配信)

プロフィール:おちあい・ようじ 1964年広島県生まれ。89年検事となり、東京、千葉、名古屋各地検などに勤務。2000年に退官して弁護士に。東海大特任教授も務めた。著書に小説「ニチョウ」。

最新記事